オンラインショップ開設記念!今、宝研堂がオススメしたい筆2本セット

太筆「極品兼毫4号」と細筆「行成(小)」の画像

長い間お客様にご愛用頂いている宝研堂のロングセラー商品、太筆「極品兼毫4号」と細筆「行成(小)」の2本セットです。
初心者の方からプロの書家まで使って頂いています。
大切な方への御贈答や自分へのご褒美としていかがでしょうか。


極品兼毫4号(ゴクヒンケンゴウ 4ゴウ)

極品兼毫4号(ゴクヒンケンゴウ 4ゴウ)の全体の画像

極品兼毫4号(ゴクヒンケンゴウ 4ゴウ)の鋒の画像

豊橋筆の伝統工芸士による逸品

「極品兼毫」は、200年以上の歴史を誇る豊橋筆。
瑞宝単光章を受章された伝統工芸士・川合福男氏によって製作された逸品。
原毛を厳選し、伝統的な技法によって丁寧に作られています。



太筆「極品兼毫4号」を使用している画像

まとまりの良い兼毫筆

兼毫筆とは2種類以上の毛を組み合わせて作ったもの。
「極品兼毫」は最上級の馬毛と羊毛を使用しています。
馬毛の硬さや腰の強さと羊毛の柔らかく墨含みの良い点を兼ね備えています。
非常にまとまりが良く、起筆や終筆も見事で、楷書、行書、草書などどんな書体も心地よく書けます。
ストレートの竹軸は、手の力が均一に伝わり筆線の強弱もつけやすいです。
4号の大きさは一般的に半紙に4から6文字を書くのに適しています。


行成(小)(コウゼイ ショウ)

行成(小)(コウゼイ ショウ)の全体の画像

行成(小)(コウゼイ ショウ)の鋒の画像

最良の材質を使用した小筆

「行成」は平安時代の能書家である藤原行成を拝し名付けた筆。
コリンスキーという中国北部に生息する稀少なイタチの毛を使用しました。
毛質は弾力があり穂先が良く利き、なめらかな書き心地。小筆には最良の材質です。
べっこう調の軸先をアクセントに、塗りの黒軸も高級感があり、贈り物として大変喜ばれています。



行成(小)(コウゼイ ショウ)を使用している画像

行成(小)(コウゼイ ショウ)を使用して書いた文字の画像

かな文字も漢字も・・・極上の書き心地

お手紙、写経、かな文字など用途は様々です。
筆運びに安定感があり、初心者の方にも手に馴染みやすいので安心してお使いいただけます。
極上の書き心地をぜひ体感してみてください。



ラッピングした筆の画像

お筆を紅白の化粧箱に入れ、宝研堂オリジナルの包装紙でラッピングいたします。



・内容
太筆・極品兼毫4号×1、細筆・行成(小)×1
・本体サイズ
極品兼毫:径1.1cm 毛長さ5.5cm 軸19.5cm 全長25cm
行成:径0.6cm 毛長さ2.5cm 軸17.5cm 全長20cm
・材質 
極品兼毫:羊毛、馬毛、竹(軸)
行成:コリンスキー毛、竹(軸)
・箱入りサイズ
大きさ:縦34.8cm 横5cm 高さ2.5cm
重量:86g
販売価格 8,360円(税込)
型番 HKD2005

全商品一覧

カテゴリーから探す

外部リンク

  • 浅草|書道用具の宝研堂

【オンラインショップ運営】

株式会社 宝研堂

公式サイトhttp://houkendo.co.jp/